「お節介」をキーワードに地域のボランティアの皆様が、地元の若者を気にかけてサポートしていくところからボランティア活動が始まります。サポートは「出来る時に出来ることで関わって頂く」ことをお願いしており、ボランティアさんの得意なことや人脈を活かして若者と関わって頂きたいと思っております。休日に若者と話やメールのやり取りをして頂くだけでも、仕事に対して不安を抱えている方にとっては大きな心の支えとなります。

喫茶店で話をしたり、メールでやり取りをしていただくだけでも、仕事や生活への不安を和らげることが出来ます。

一緒に求人検索をする・履歴書の書き方を教える・面接の練習をするなどの就活を共にすることや、一緒に職場見学や就労体験の現場に同行するなどもしていただくことが出来ます。

半年に一度開催をされる《若者就労支援セミナー》にご一緒に参加をしていただき、1人の若者の担当サポーターとなり、半年に渡って個別の支援を行います。若者の「頑張ってみよう」「働いてみようかな」と前向きな気持を引き出す内容となります。当NPOの発足時から行っておりりやりがいのある関わりです。セミナーは毎年3月と9月に行われます。

毎週土曜日に各地域で行われるフォローアップミーティング(座談会)に参加して若者の話を聞いたり、励ましを行い働き続ける支援をします。また、新規相談者の窓口にもなっており、知り合いで困っている人を会に連れて来て頂き、一緒に話をすることができます。

炊き出しパーティー・簿記セミナーt・人狼ゲームなどサポーターが企画したイベントで、人との関わりが増えます。